Oblio Journal

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
なるとや
narutoya

「なるとやラーメン全部入り」です。

お気に入りの味ですが、生息エリアからちょっと遠いのが難点。

・・・。

ていう感じでブログの更新してみましたが、

前回の更新から200日以上たってるらしいです・・・


なるとや
http://r.tabelog.com/aichi/A2301/A230104/23005819/
| oblio | おいしい | 12:39 | comments(2) | trackbacks(0) |
もちづき
先日は、 久しぶりに大門のもちづきに行ってきました。
本当に久しぶり。

料理が人のこころを癒したり、やわらかくしたり、ほっこりさせたり、幸せにすることができることを感じられる素晴らしいお店です。

これは稚鮎をぱりっと炭火で焼いたの。
かぼすと金柑がついてます。

ayu



葉桜の季節。新芽がまぶしいです。
green



| oblio | おいしい | 17:59 | comments(8) | trackbacks(0) |
桃の節句
 今日は雛祭りですね。
梅も散り始めて、沈丁花が咲き始めました。
ume

魚屋さんにも春のお魚。

天然の鯛に、鰆。魚編に春ですからね。

マナカツオにアイナメ、目板カレイにメバル。

sakana

スーパーで買うより断然お魚は魚屋さん。

切り身じゃないものを見ることは楽しいし。さばけないけど(笑)





| oblio | 日記 | 12:26 | comments(7) | trackbacks(0) |
マールブランシュ
 京都は北山のお菓子といえば「マールブランシュ」です。
知り合いの方からマカロンとムラングというお菓子を頂きました。
sweets

京都の洋菓子さんのセンスが感じられる意匠の箱がとても素敵。
お味は
材料もよいのでしょうが、作り手のやさしさみたいなのが伝わります。
幸せな気分になれます。

このマールブランシュは「お濃茶ラングドシャ 茶の菓」というのも京都限定で売られているようです。
外国の方にも喜ばれそうなお菓子ですね。
| oblio | - | 12:13 | comments(2) | trackbacks(0) |
弐込味亭

名古屋名物といえば味噌煮込みうどんですが、お店によっていろいろ個性があります。
この「弐込味亭」は「薬膳味噌煮込み」がウリだそうです。
udon

クコの実、松の実、キクラゲ、エノキがどっさり入ってます。
お味噌もキョーレツな八丁味噌ではなく、ふんわりやさしい豆味噌です。


・・・なんていうナニゲナサで年が変わっての初更新をやり過ごそうという魂胆ですが(汗)
ご容赦願います・・・

そして、ちまたで噂の「アバター」を観てきました。
あまりに評判になっていたので期待値が高すぎたのでしょうか?
3Dはすごい技術だけど、ストーリーは想定内だったしキャストやアバターのキャラにあまり魅力を感じられなかったです。

ただし、好き嫌いは別にして3Dの時代がやってきたという実感を感じられる映画でした。




| oblio | - | 16:54 | comments(4) | trackbacks(0) |
大晦日
 気がつけば、今日で2009年も最後となっていました。
振り返れば反省ばかりの一年でありました。
ブログの更新もJournalじゃなくMonthlyも危ういという状況で・・・

108の煩悩を払うために本日はお酒でお清めして、清浄なこころで新年を迎えたいと思います。

この焼酎は「山芋焼酎」です。

sake

名前はコワイような「夜叉ヶ池」
とてもめずらしい焼酎だそうです。
山芋だから口がかゆくなりそう なんて思いましたが、これがまた素晴らしく透きとおった味。
驚くほど口当たりがよい焼酎でした。

さて
うちの爺犬はお先にお正月バージョン。
pomeji

本年もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。

よいお年をお迎えください。





| oblio | 日記 | 14:45 | comments(4) | trackbacks(0) |
とんかつ 比呂野
hirono


近所にあるので開店のときから食べてます。
もうかれこれ20年以上でしょうか。
最近客席を改装して、利用しやすくなりました。
これはランチのミックスフライです。
おろしとんかつもおいしいです。
デリバリーもしています。

ランチ食べるところが少ないので貴重なお店です。

一応このネタは「いずれ」と思っていたもので、「在庫処分ネタ」ではないですからね〜
| oblio | おいしい | 18:40 | comments(5) | trackbacks(0) |
経霜楓葉紅
 何事も継続は力なり、と申しますが、
何歳になっても難しいことです(汗)

今日からちゃんと更新しようと思います。


タイトルは「しもをへてふうようあかし」

ふかいい言葉です。

kaki

もみじの絵がないので、豊作の柿を。

紅葉もきれいですが、秋になる実の色も美しいですねえ。

今日のおいしいものは東京は日本橋高島屋の中にある糖朝の「海老ワンタン麺」

tocho

干し貝柱の香りが上品なスープ。

ぶりぶりした海老はワンタンの皮をまとって旨味ぎょうしゅく。

ご馳走さまでした。


| oblio | おいしい | 16:52 | comments(4) | trackbacks(0) |
金風の季節
 前回まで「字」ばっかりの内容だったので、今回は秋の風景を。
susuki

ススキは英語では「Japanese silver grass」っていうんだそうです。
美しい銀色ですね。
秋の風は「金風」ですから、金風になびく銀色の草・・・

秋桜も。

flower

秋を感じると気持ちが切なくなります。

とかいって、

美味しいものがいっぱいの季節だから、楽しみっていえばたのしみなんですけどね(笑





| oblio | 日記 | 18:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
人生大病只是傲字
 前のコメントでkbowさまに教えてもらいました。

伝習録のことばです。

「人生の大病は、ただこれ一の傲の字なり」

「傲」は自分の能力や才能を鼻にかけて人を見下すこと。
謙虚の反対です。人生最大の病気はこの「傲」の一字につきるのだそうです。
王陽明は、こう語った後で次のように続けています。

子となって傲なれば必ず不幸
臣となって傲なれば必ず不忠
父となって傲なれば必ず不慈
友となって傲なれば必ず不信

つまり「傲」には一つもよいところはなく、諸悪の根源なのだという。
では「傲」に陥らないためにはどうすればよいのか。王陽明によれば「無我」になることだといいます。

「無我になれば自ずから善く謙なり。
謙は衆善の基にして、傲は衆悪のさきがけなり」

普通の人間にはかなり難しいですが、
それを心にとめることは大切ですね。

| oblio | 日記 | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

このページの先頭へ